2018年7月18日

安全帯に関する勉強会を開催いたしました。

先日TAJIMAのKさんが来社され、安全帯に関する勉強会を開催しました。

 

 

 

 

 

先月、平成30年6月に厚生労働省から安全帯の改正とガイドラインが公表されました。
それに伴ない、私達販売側も正しい知識を習得すべく、勉強会を開催いたしました。

概要は下記の通りです。

  1. 名称が「安全帯」から「墜落制止用器具」と変わります。
  2. 墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則となります。
  3. 現行の構造基準に基づく安全帯(同ベルト型、フルハーネス型)を使用できるのは2022年(平成34)年1月1日までとなります。
  4. 2019年(平成31)年2月1日より新企画品の販売・使用が可能になります。

詳しくは厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署ホームページをご覧ください。

カテゴリー: ワークランド通信